VIOラインも脱毛できる家庭用脱毛器はコレ!

VIOラインも脱毛できる家庭用脱毛器はコレ!

家庭でもVIOラインの脱毛ができるんです!

最近ではVIO脱毛をする人が増えています。脱毛エステでも人気の高い部位です。
家庭用脱毛器でもVIO脱毛ができると嬉しいのですが、どんな脱毛器を使えば良いのでしょうか?それは、肌に優しく痛みが少ない脱毛器です。そのようなものなら自宅でもVIOライン脱毛も可能です。
そこでおすすめなのがエピナードです。エピナードはエステのような光脱毛が手軽に自宅で出来る家庭用脱毛器で、ムダ毛をなくすだけでなく、美肌になることができます。業務用の美顔器、脱毛器を製造しているメーカーがこだわって作った本格的な家庭用脱毛器なので、手軽なのにしっかりとケアできるようになっています。
エピナードはIPL光脱毛方式で、サロンでも使われている方法と同じで痛みが少なく肌に優しく脱毛できます。そのため、VIO脱毛に適しています。
これまでの家庭用脱毛器は、保冷剤で脱毛する部分を冷やす方法だったのですが、エピナードには、本体にクーリング機能がついています。そして、出力レベルを細く調節できるので、痛みを感じやすい人にもおすすめできます。
エピナードは、肌に優しい脱毛方法を採用していて、脱毛後の乾燥も専属ジェルを塗ることにより、つるすべ肌へと導いてくれます。

エステ脱毛のメリット

家庭での自己処理(カミソリ)と比べて、エステ脱毛のどんな点が良いのか紹介します。

1つ目のメリットは、エステでの光脱毛は肌を傷めないことです。そのため、脱毛後の肌が綺麗で、乾燥することもありません。
自己処理では、むだ毛のみを剃っているように感じますが、実は肌の表面を削っているのです。ですから、何度も処理していると肌が傷んできたり、乾燥して痒みや痛みが生じることもあります。肌の表面というのは、外部刺激を防ぐためのバリア機能があるのですが、カミソリで処理することで肌を傷めると、バリア機能が低下することがあります。そうすると、肌内部に水分を閉じ込めておくことができなくなるので、乾燥するのです。

VIO脱毛とは?

VIO脱毛はハイジニーナ脱毛とも呼ばれるデリケートゾーンの脱毛のことです。具体的には、ビキニライン(V)、股の間(I)、ヒップ奥(O)を合わせてVIOと呼んでいます。

VIOは痛みに敏感な部分です。特にIラインは女性器の横、粘膜に近い部分ですから、痛みも感じやすい部位です。そのため、エステ脱毛においても、VラインはできるけどIラインは取り扱っていないというサロンもあります。家庭用脱毛器で自己処理をするときも、肌を傷つけてしまわないように気をつけたい部分です。

自己処理でVIOのお手入れをするのが不安なら、エステ脱毛を受けるのもおすすめです。お得なVIOラインのセットプランを用意しているところもあります。多くのエステでは光脱毛を行っています。光脱毛は他の脱毛法と比べて痛みが少ない方法です。しかしそれでも、デリケートなVIOは痛いことも。光脱毛と言ってもエステ毎に使用する脱毛機が違うので、痛みの感じ方も変わってきます。VIOの脱毛を受けるなら、特に痛みの少ない脱毛機を導入しているエステが良いでしょう。

エステシャンの技術力も重要になってきます。肌の状態を見て、脱毛機の出力などを適切に調整してくれるエステシャンなら、痛みも感じないでしょう。逆にそのような技術や経験のない人に当たってしまうと痛いこともあります。ですから、きちんとした技術研修をしているようなエステを選ぶのがおすすめです。

脱毛サロンと言っても、それぞれに特徴があります。例えば、全身脱毛を専門に行っていたり、安さを売りにしていたり、敏感肌専門の痛くない脱毛を行っているなど様々です。愛知 脱毛サロン
それぞれの脱毛サロンの特徴を知ることで、自分にあったサロンが見つかりやすくなります。単純にプランの料金だけで選んでしまうと失敗することも多々あります。失敗するのは誰だって嫌なものです。なるべく損しないように事前の調査をしっかり行いましょう。脱毛 埼玉
首都圏には人気の脱毛エステも多く出店していて、どこに通ったら良いのか混乱してしまいがちです。いくつか気になるところをピックアップし、それらを詳しく比較してみるのがお手軽でおすすめです。脱毛 千葉
また、誰かの体験談を参考にするのも良いでしょう。自分に似た境遇の人の体験談はとても約に立ちます。脱毛 神奈川
しかし、まるっきり信じてしまうのはよくありません。脱毛効果の出方は人によって様々。体毛の生え方は個人差が大きいので、ある人が効果があったからと言って、自分にも効果があるとは限りません。そのようなことを踏まえた上で、自分に合ったサロンを選ぶことが重要です。脱毛 東京
実際に自分の周りで脱毛した人がいるなら、そのときの様子を聞いてみるのも良いでしょう。お店の雰囲気やスタッフの接客など、参考になることが多いと思います。